MESSAGE

倉庫の理想像

倉庫の未来は
どう変化するのか

情報を取りにいかなくても自然と入ってくる環境。それが倉庫です。「情報集積センター」であるという特性を活かして、様々なつながりをコーディネートすることが、これからの未来では当たり前になっていくべきだと考えています。
人と人、商売と商品、お金と情報をつなげて、社会を支えることが求められると思います。

倉庫業の機能に
プラスワン

倉庫の機能としては、品質保持、価値転換、時間調整、単位調整、店舗補助、情報補助があげられます。阪南倉庫はそこに新たな機能である「物流設計機能」をプラスしていきます。倉庫としての機能だけではなく、社会においての「つなげる」を実現するために阪南倉庫が業界の先駆者となっていきます。

倉庫の未来をつくるモノ

倉庫×未来

倉庫は社会において「努力をしていく姿勢」が大事だと考えております。
未来は、現在の積み重ねの結果です。
売り手よし、買い手よし、世間よし、業界よしの四方よしが、実現した先にこそ、倉庫の面白さがあるのではないでしょうか。